だから、将来の自動車の内側にあること

だから、将来の自動車の内側にあること

将来の車に乗って私たちに乗ります。私たちは、あなたがどのように内部にあることを示しています座席、画面や材料は数年トレンドます。

将来の車のインテリア:接続されており、インテリジェント

将来の車のインテリア:接続されており、インテリジェント

将来の車のインテリア:接続されており、インテリジェント

将来の車のインテリア:接続されており、インテリジェント

今後数年間は、出席します 完全な回転の車のインテリア. 将来の意志のコックピット 、接続された直感的な、適応性、高感度、暖かく、積極的な これはまた、材料や構成の、技術だけでなく、すべてのレベルでの変更を伴います。 フォルシア これは、自動車内装アーキテクチャの主要なプレーヤーの一人であるとの予測によると この市場は約27,000百万ユーロを移動します ここから2025年の9年間にこれは実際に動くものをほぼ倍です。正確フォルシア、機器や自動車向けソリューションのフランスのメーカーは、私たちを示してどのように将来の車内ます。

未来の車のインテリア:シート

スマート車での経験は、あなたが席を取る瞬間から始まります。インクルード アクティブウェルネス2.0 フォルシアによって開発されたの座席が可能です 物理的および精神的な状態を監視します ドライバー(心拍数や呼吸数、温度、ヘッドの傾き、落ち着きのなさ、ちらつき…)と、ストレスや眠気を軽減、それに応じて行動します。スルー 各種センサ, シート自体又はインストルメントパネルに、アクティブウェルネス2.0収集及び分析に バイオメトリックデータドライバ, 彼らの行動や嗜好を記憶します。これはあなたの現在のフィットネスレベルに基づいて、それがより快適になるかを予測することができ、一日の時間、走行条件、またはあなたが自律的または半自律モードで運転しても。座席が不快感、ストレスや病気を検出した場合、などの対策を持って行動することができます 位置調整, 含むプログラム 5つの別のマッサージ, 多かれ少なかれ、換気、 照明の変化 または周囲の音。

機能的な装飾:未来の車の内部

それはそうと、将来はロボットカーである、場合ドライバはを通じて技術と対話することができる場所、フォルシアはインテリア強調します スマート面と機能的な装飾. これにより、センターコンソール(と AMOLED技術)装飾的な要素と混合されます。ディスプレイ機器、AMOLEDもあります 超薄, 前任者よりも少ない電力を消費し、 これは、湾曲させることができます 剛性の画面を形成するために一緒に結合された2つの別個のプラスチック材料から作られています 高分解能.

見過ごされて渡します TFT黒い画面 それは、インストルメントパネルから実行し、インフォテインメント・システムやドライバーのスマートフォンに関連する情報を表示します。先進 マネッティマレリと共同で, 活性化し、残っているときのみ、それが示されています 第二の平面で, 装飾的な要素としてより、それが働いていない間。フォルシアは、ビューのための木材、アルミやプラスチックのスペースを変換するために管理しています スマートサーフェス これは例えば、HVACコントロールを非表示にします。彼らはまた、提供します 触覚や視覚応答 活性化した後、振動したり明るく。

未来の車のインテリア:常時接続

デジタル変換はまた、車の中で、常に接続するために私たちを必要とします。未来の内側にあります 私はハイパーリンク この接続は、不可避的に私たちの個人的な機器を必要とします。インテリア・アーキテクチャは、に適応します ドライバーの好み, また、スマートフォンやタブレット。我々はすでに見ているが、今後数年間で ワイヤレス充電器は一般的なものです 必ずしもセンターコンソールに配置する必要はありません。

未来の車のインテリア:インテリジェント予測

未来の車はする必要があります 様々な異なるシナリオに合わせ, 常に安全性、快適さと幸福に焦点を当てました。車両がある場合 スタンドアロンモードで そしてドライバーが席は、例えば、読み取りまたは睡眠たい ヘッドレスト、背もたれとアームレストを調整 よりリラックスした位置に。また、ドライバは、スタンドアローンモードを離れる前に、車のコントロールを取り戻すために準備ができているかどうかを評価することができるはずです。また、センサーの使用や、大量のデータの可用性は、キャリアが開発できるようになります 、先取り学習し、適応する能力 各乗員やニーズ。

Adblock
detector