ボクサープジョー2017:エンジンで利用可能BlueHDI

プジョーボクサー2017年の範囲が110、130および160馬力のBlueHDI 2.0ディーゼルエンジンを歓迎し、技術的に抗汚染標準ユーロ6に適応します。ボクサープジョー2017:エンジンで利用可能BlueHDI

バン プジョーボクサー あなたの提供を組み込みます ニュース そして、最適化 メカニカル 2.0 BlueHDi110、130 160馬力, すべての場合にシステムを装備 ストップ&起動し、エンジンを停止し、開始手動で変更 6人の関係。グループは、以前の世代にわたって10馬力性能による電力増加を増加させました。

組み込むこれらの環境に優しいエンジン プジョーボクサー2017 使用 SCRシステム 特殊な添加剤を注射して アドブルー 触媒中と パティキュレート・フィルター 排出レベルを達成するために ユーロ6, 同時に 価値を落とします インクルード 消費 改善します で彼らのパフォーマンス 加速. フランスの事務所によると、アドブルー添加剤タンク(15リットル)は、すべての万キロを記入する必要があります。

一方プジョーも微調整しています 設備 レンジ ボクサー2017 とともに オプションのブラケット タブレットやスマートフォンのための、 USB接続 そして、12ボルトのソケット ダッシュボード上だけでなく、 ダブルカップホルダー, 収納トレイスペース 特定の電話 モバイル.

こちらもご覧ください:

- これは2017年の日産NV300です

- トラック、バスやバンのニュース

Adblock
detector