いすゞロデオLS 3.0 DTI

いすゞの最新世代は再び拾う主役になります。イベリア市場への二度目の進出で、今いすゞイベリアSL、Bergeのグループに裏打ちされた会社のリーダーシップの下で、それはロデオ名前が変更されました。

それでもそのカテゴリーで良いポジションを達成するのに十分な引数以上のものを示しています。

コントロールでは、我々は新世代SUVというよりもピックアップ上にある感じを与えます。

これは、自動変速機のオプションを提供するために、そのセグメントの最初のです。

オフロード意外最後に、このピックアップの有効性。

今ほぼ2年前、私たちは、その後、様々な理由のために商業的に離陸しませんでしたし、やっとそのセグメントに浸透していたD-MAX、と呼ばれる、排他的にこの車をテストする機会がありました。


今強化経営管理と、すべての兆候は物事が大きく変わってしまうということです。冬眠が、いすゞは、新鮮なままになり、まだそのカテゴリで良いポジションを達成するのに十分な引数以上のものを示しています。
私たちは、乗用車仕上げの価値があると非常に設備の整った近代的なラインで車両をしたD-MAXの時に言いました。そして、我々はその部門のランキングで2位に立って、手の数字で、3800 rpmで130馬力を約束、と付け加えました。

2年後、ほとんど何もライバルが強化されているものの、変わっていないと、このセグメントのリーダーで、174馬力に基づいて新しい日産パスファインダーナバラとパワーでより多くの違いがあります。
特にフロント新鮮で印象的な彼のラインは、追加することがほとんどありません。内部で我々は非常に良いアクセスで、明るく広々とした内装です。コントロールでは、我々は新世代SUVというよりもピックアップ上にある感じを与えます。エンジン/トランスミッションおよび懸濁液は、滑らかで漸進的応答のなすがままに、この車両に恒星のプレーヤーです。シリンダブロックおよびヘッドを鋳造ライン駆動部3リットルの4気筒は、直接注射を有しています。また、彼らの潜在能力を示していない、わずか1500キロだった私たちがテストしたユニットを、matizaremos、ややせせらぎです。テストが後で確認されたように、それをリードし、すべてのCVが発表したのない感覚はなかったです。トルクに関しては、280 nmの2000rpmでのみ、この時点ノークレームで。千、1,200rpmでかつ許容可能に回復プッシュします。
この種の車両で通常通り、後部牽引前部に接続可能です。任意の還元場合は、ダッシュボード上に3つのボタンがそれに取って代わるようしかし、誰レバーは、ありません。より古典的なアーキテクチャは、そのサスペンション、(二重台形とガスショックで)フロントトーションバーであり、バックスプリング。モロンと彼の成功したツアーでもロードボックスに行くの良好な妥協を提供しています。なお、このシリーズは、ベッドライナー(プラスチックカバー)によって保護された結合負荷いくつかの支持体を有しています。ロデオは、自動変速機のオプションを提供するために、そのセグメント内の最初のものです。

道は、彼らの戦いは3メートルで、まっすぐに非常に健康的で非常に安定に動作し、さらに無負荷ボックスで循環する、非常にラウンドアバウトのような閉じた曲線における牽引力を失わないわずかな傾向があります。そして、それは無負荷量分布がステアリング車軸の上に、ほぼ57%です。変更管理と直感的なステージングが滑らかで成功しています。ロデオは十分消費の少ない10以上リットルで120/130キロ/時間の平均速度を維持することができます。ピックアップのみの作業用車両として構想(ひいては行動)時間はすでにどのように遠くにあります!

Adblock
detector