フォルクスワーゲン1.0 TSI 272馬力、電動ターボ

フォルクスワーゲンは、ウィーンエンジンの議会で新しい仕組みを発表:これは、電動ターボのおかげで272馬力に達するあなたのtricilíndricoです。フォルクスワーゲン1.0 TSI 272馬力、電動ターボ

聞いて、ますます一般的になっています エンジン電気ブースト, 生産車でそれを見るために時間がかかることはありません現実。プロトタイプの形でモーメント、 フォルクスワーゲン 私たちは、そののバリアントを提示します tricilíndrico1.0 TSIガソリンエンジンの高出力.

この機構では、EA211ブロックはフォルクスワーゲン・ポロとして商業VAGグループで使用またはイビサを着座され、それが配置されていること 電動ターボ 、変位の唯一の1.0リットルで、到達します 272馬力 パワーと 27.5 MKGトルク. 壮大な数字。

同様に 電動ターボとアウディが提示したプロトタイプ, TTのclubsportコンセプトやRS5 TDIコンセプトとして、A 強力な電気モーターは、タービンを回すために責任があります こうしてアセンブリの他の半分、失敗排気ガスタービンに分配、圧縮し、シリンダーに入る空気を加速します。

このソリューションでは何達成されますか? エンジン効率を向上させ、パフォーマンスを向上させます 同時に、 有名な「遅れ」を大幅に削減 または従来のターボの動作に入ることを遅らせます。フォルクスワーゲンは、使用した受領確認します WRCポロから直接継承された技術 世界ラリー選手権、解決策を指定せずに。

- こちらもご覧ください:

また、ウィーンのフォルクスワーゲンからW12 6.0 TSI、。

新しいアウディ2.0 TFSIエンジンミラーサイクル。

Adblock
detector