プジョー407 HDI FAP 1.6 110馬力

プジョー407 HDI FAP 1.6 110馬力

2008年夏には、 プジョー そのセダンとエステートのバージョンまたはSWでモデル407の様々な審美的な変化を導入しました。このモデルチェンジでは、新しいエンジンも組み込まれています 2.0 HDI FAP 140馬力 (既存の2.0 HDI 136馬力と同じであるがわずかに高い平均消費電力と幾分低いと)。まあ、今のフランスのブランドは、エンジンと発表しました 1.6 HDI FAP 110馬力 消費とCO2排出量の面で改善。

プジョー407セダンとSWの前1.6 HDI FAP 110馬力のために、フランスの企業は、140グラム/ kmで5.3 L / 100キロとCO2排出量の平均消費量を発表しました。さて、この同じメカニズムは、混合燃料費を宣言するために、より効率的になります 4.9リットル/ 100キロ 具体的には、また、低排出ガスレベル CO2の129グラム/キロ.

これらの改善は、によって可能になってきました 再プログラミングエンジン (プジョーない詳細ディーゼルエンジンで行われた特定の変化)、およびAの使用に 低転がり抵抗とタイヤ が署名しました ミシュラン. つまり、省エネルギーのタイヤが使用されている措置 60分の205 R16H. 何が確認されたフランスのブランドということです マニュアルのギアボックスの開発5速が伸長されていません. 他の製造業者は、しかしながら、多くの場合、燃料消費量と排出量を削減した後に技術的デバイスのこのタイプを使用する(一例では、フォルクスワーゲン・パサートブルーモーションです)。

したがって、このエンジンの407プジョー変性1.6 HDI FAP 110馬力に組み込むことは免除されるであろう、CO2を120g / kmの下、このセダンのバージョンの目標に近づきますの VRT 私たちの国インチ