ポルシェは、トヨタのドラマでルマン2016の24時間で優勝します

ルマン2016の24時間:レースルマン2016の24時間:レースルマン2016の24時間:レースルマン2016の24時間:レース

このエディション ルマン2016の第84回24時間 これは、特に二重線で、近年で争わ最も熱くの一つとして提示しました。 ポルシェ 昨年、それは圧倒的な優位で終了しました アウディ 近年で(13合計で勝利し、それらの連続5)。

今年のことは、少なくとも2016世界耐久選手権(WEC)の第三ラウンドであるの開発中に、多少異なっていました。テストでは、アウディがお気に入りとして提示した見えたが、分類は積極的に自分の歯を示したトヨタを残し、先にポルシェを置きます。

しかし、どのような誰だった可能性があり、その トヨタLMP1 彼らは、ほぼ全体の日のための最速かつ一定になるようにしました。レースは土曜日、ほんの数分前に現れ始めていた6月18日大雨に15:00に開始しました。これは「作られましたセーフティカー「、私は特に雨それらを好むチーム間、いくつかのドライバの中の不快感の原因となったレースのほぼ最初の時間のために車に同行していたとセーフティーカーがトラックにあったなぜ彼らは理解していませんでしたレインタイヤとロールにもかかわらず、安全に使用でき。インクルード アウディR8 色でセーフティカーが分ほどサルトを残しました 午後11時08分 そのため、実際のレースが始まりました。

インクルード ポルシェ、アウディ、トヨタLMP1 彼らは、最初の数時間の間に同様の時間で推移したが、ドイツ車は伝説的な耐久レースの結果を払っ始めよました。インクルード アウディR18ハイブリッド ターボとの問題でピットイン番号#7、彼のメカニックのための本当の頭痛の種とし、 ポルシェ919ハイブリッド#1 どちらも、それは、車庫の問題には、いくつかの入り口で、簡単にありませんでした。アスファルトの上に飛んだ人たちでした トヨタTS050ハイブリッド, それらは、先にライバルの配置スティントそのドライバを長くして、彼らは2つだけを実行しているという点で他の部分よりもはるかに多くの経験を持っていることを証明したように、彼らは最速ラップと最高、最高速度をマーク車。

フィニッシュラインに立っトヨタTS050ハイブリッド

の終了10分前まで ルマン2016の24時間, 一方、スピンを被った他の日本車のためにされていない場合はすべて、でも、二重で、トヨタの#5の勝利を締結しているだろう 小林 ポルシェ#2を追いかけて。後者は、事実上の勝利のために戦うために残して、ほぼ1時30分、リーダーの後ろに彼を持っていたタイヤを、変更するにはピットを入力する必要があります。しかし、最後の6分のすべてのものに変更し、我々はatónicosを探していたNakajimi何無線連絡:彼 トヨタは、電源を失いました. あなたの車の勝者は "フィニッシュラインに立ったときにのみ、左3分を持っていたとき、日本のチームでは、それを信じることができませんでした。事実上、すでに彼の勝利を祝ったトヨタの中でポルシェと涙のガレージ、喜び。

最後には、 ポルシェのための2年連続優勝 ル・マンと18に帰国した後、あなたは彼がその歴史の中で獲得した回数をカウントします。

LMP2, 勝利はカーナンバー#36チームのためでした アルパインSignatechマナー#44 ここでロベルト・マーヒ彼のチームメイトマシュー・ラオのクラッシュのためにレースを終了しませんでした走りました。

GTE-PRO それは注目に値するチームでした フォード, 、第1、第3、第4の位置で最高潮に達する50年前に彼のハットトリック後にルマンに戻ります。このカテゴリにはまた、スペイン語のパイロットを走りました アントニオ・ガルシア, だれ彼は彼のシボレーコルベットと7位でフィニッシュ。最後の正方形のグリッドにそれらを導いたペナルティは、私たちも彼らを助けたが、少なくとも可能なレースをフィニッシュすること。

GTE-アム フェラーリは、トレーニングの62位の数を獲得しました スクーデリア・コルサ.

ルマン2016の受賞者24時間

LMP1

ポルシェ1-#2(ロマン・デュマ/ニール・ジャニ/マルク・リープ):384のラップ

2-トヨタ#6(ステファン・サラザン/マイケルコンウェイ/一樹小林) - 3周

3-アウディ#8(ルーカス・ディ・グラッシ/ロイック・デュバル/オリヴィエジャービス) - 12周

アウディ4-#7(マルセル・フェスラー/アンドレ・ロッテラー/トレルイエブノワ) - 17周

5-ポルシェ#1(ティモベルンハルト/マーク・ウェバー/ブレンドン・ハートレイ) - 38周

LMP2

1 -Signatechアルパイン#36(グスタボメネゼス/ニコラ・ラピエール/ステフェイン・リッチェルミ)357のラップ

放棄 - マナー#44(ロベルト・メリ/トア・グレイブス/マシュー・ラオ)

GTE-PRO

フォード#68 1-(ジョーイ・ハンド/ディルク・ミュラー/セバスチャン・ボーデ)340のラップ

7コルベット#63(アントニオ・ガルシア/ヤン・マグヌッセン/リッキー・テーラー) - 48のラップ

GTE-アム

フェラーリスクーデリアコルサ1-#62(ウィリアム・スウィードラー / Tiwsebdベル/ジェフリー・シーガル)331のラップ