2015年の新しいルノーメガーヌIVの終わり

2015年の新しいルノーメガーヌIVの終わり

実験車Eolabとの一部 技術ソリューション ラグナ初演が、進化及び改善された(四輪操舵4Controlなど)の基礎を形成するであろう 新世代ルノーメガーヌ, そのスタートマーケティングを超えてはなりません エンド2015, FREEWAYに入手可能な情報に基づいて。

構造的には、 ルノーメガーヌIV 出発点は、 モジュラープラットホームCMF(コモン・モジュールファミリー) - そして、すでにuse-に日産と共有します。デザインに関しては、我々は進みます 新しいメガーヌ 長さ4.30メートルの車両用及び電流線とやや低い高さに比べて大きな幅を有する、より未来の外側シルエット堅牢に混合します。

機械の章では、 メガーヌ 最新の提供していきます 「ダウンサイジング」 ルノーは、ガソリンエンジンを含め、作業されています 3気筒 現在のTCE 0.9プラス1.2 TCEが更新基礎と1.4 TEC(後者の二つtetracilíndricos)とし、低変位。レンジガソリンメガーヌIVの上部には、そこに除外されるだろう 1.6 TCE それはフランスのコンパクトを超えたのカタパルト 250馬力 これまでに目的のバージョンR.S.でディーゼルを好む人のために、のdCi技術はまた、新しい機能を組み込む予定そのうち新をハイライト表示します Biturbo 1.6のdCi 間の電力レベルを持ちます 160200馬力, ディーゼルのdCiの供給へのアクセスのためのより多くの「合理的な」ブロックを忘れずに。