ルノークリオエネルギーTCE 90イビサ1.0 TSI 95シート:良いですか?

座席イビサ1.0 TSI 95対ルノークリオエネルギーTCE 90座席イビサ1.0 TSI 95対ルノークリオエネルギーTCE 90座席イビサ1.0 TSI 95対ルノークリオエネルギーTCE 90座席イビサ1.0 TSI 95対ルノークリオエネルギーTCE 90

あなたは小さいエンジンでの有用性を有することは取りやすいと彼らが得るパフォーマンスを見て何かです。屋 悲しげに人気の「ダウンサイジング」 でもスーパーカーに影響を与えている(その全変位を参照して、大きさの減少)。我々が考えるこれらの情熱の変位や気筒数の損失を防ぎ、そのさえ 新しいエンジンはより多く歩くと少ない過ごすことを認識. しかし、ユーティリティの世界でも同じことが起こりません。 私たちは、あらゆる方法で実用的な車のブランドを要求します, いずれかの内部に、または機械設備は、そのボンネットの下にミシンを持っているか、V8が得られた結果よりも少ない重要でなければならない、彼らはについて話していない提供 GTIのバージョン、RS、OPCやキュプラ, 明らか。これは取り入れ、ルノークリオの場合であるか、セアト・イビサ 機械的な3気筒ガソリン あなたがエンジンの新世代に精通していない場合と思うかもしれない最初は何に反しています、 利用、消費と排出量がより許容できるように.

この比較で顔 ルノークリオエネルギーTCE 90 95頭の馬の新しいエンジン1.0 TSIバージョンと座席イビサ, 両方のマニュアルギアボックスと、 5ドアボディ (クリオには3を持っていない)と価格と設備を比較するが、両方の高いレベルは、完了しました 私は、アクセスのバージョンに参照します, 私はブランドが正しく可能性を提供しますが、これらの車の買い手のタイプは、とてもうまく実績のある装備を取得するために来ることを信じることができないため、最終的な価格は高いセグメント単位;彼らは実用的です。

座席イビサフロント比較ルノークリオ

いずれの場合においても同様の概念を用いて、アルミニウム製のガソリンエンジンを導く最初ものの、ヘッド16バルブ、可変バルブタイミング、ターボチャージ及びインタークーラをシリンダ 座席イビサは、それがもう少し現代的であることを示す要素を持っています. TCEクリオは898立方センチメートルと101立方センチメートルTSIイビサ以上を持っています。主な違いは、ためています 直接のライバルに対する吸気ダクト(間接的)に注入するためのルノーベット, 燃焼室です。また、 チェーンの分布であります, 歯付きベルトは、シートにあります。ベルト(以下、メンテナンス、より高い信頼性)への連鎖に対する理論的な利点は、そのような小型エンジンで希釈し、 その内部慣性で論理的に非代償性, 自身が生成チェーンより大きいノイズ。両者は、クランク軸とは逆方向に回転し、4気筒の不足を補うために木を回転に抗して内部搬送するために必要とされます。いくつか他の人が少し退屈見つけると説明することがこのわずかな技術的解明 エンジンの性能の違いや他の これは、我々が見るであろう。シートは公式データによると、我々の測定によれば95〜100馬力の周りホバリング95馬力に延伸しながらルノーは、90頭の馬に達します。

ルノークリオが持っています ECOボタンは、標識しました それはより保守的なエンジンマップに変更されるハンドブレーキ(簡単にアクセスできる)、その下 私たちは、私たちが利用するため、力学を適応し、消費することができます. スクイズはターボを避けているかのように実際には、電力曲線を見て、それがあります。本 それは、ECOモードでは、市内の支出にダウンできます. それがわずかに少ない消費と歩いていくので、道は、離陸することをお勧めします。悪くないドライバーに可能性を与え、問題があることです いずれかのボタンを押すことなく、彼のライバルは、優れてい. ローからモーターイビサストリップが安全になり、その完全なトルクであることにすべての方法を伸ばし クリオより良く、より速く、セーバー. エントリターボ80(常にイビサ未満ギア行く強制的に、トルクが低い2,500回転させ、また、8%以下の変位)の遅延から後者被ります。バリア2,500rpmでたら、正常に移動するために十分なたるみを歩きます。すべてこのために、座席が振動すると、以下に聞こえるいます あなたがエンジンに重要性を与える場合は、座席のためのより良いoptが一緒に、より完全です, より速く、より少ないを過ごします。

比較ルノークリオとセアト・イビサ

2の動的挙動が良いです。 簡単に処理され、彼らは簡単に駐車し、いくつかの快適なサスペンションを提供しています. 道は2台の快適で安全な車で、よく守ります。リアドラムものの、 クリオは、制動発生させない技術センターにも、優れたデータレコードのテストでは、より多くのです 彼のライバル。最後に、軽量であり、彼らが我々のテストユニットの「大きな」タイヤが装備されている場合は特に、多くの制動力を必要としない車があります。 ハードドライブのコントロールが動作し、正しい正しくリアアクスルの動きの安定性と安全性を強制されます. 彼らは、スポーティなドライビングが要求されている車ですが、より多くの電力を持参し、何の問題を負うものではありませんでした。クリオいつもより魅力的な利用の変化やシートは、リニアモーターを持っているので、あなたはどこにでも第三には行かないように注意している場合。

それは彼らのスペースを変更することなく、市場に時間がかかるため、両方の居住性はすでに知られています。 リアシートバックは、より直立しているが、数センチより多くのスペースは、バックイビサであります. ここに 私は、クリオが好き, より快適に、より少ないハード席。イビサは私の背中が快適ではありません、少なくともで、特に腰椎領域では、すべての場所で難しいパディングを提供しています。誰よりも良い、これはそれを確認してください。二人は車の大きさを考えると、良いブーツを持っています。イビサは、その最大深さを中心に配置されている20以上のリットルを有し、それは内側にスペアタイヤを運びます。クリオは少ない重量を運ばなければならないパンクをもたらし、トランク床下に行いますが、汚れとなり、2つのソリューションは良いです。

比較ルノークリオとセアト・イビサ

持っています 周りに13600ユーロの基本価格, これは悪いその大きさと性能を与えられていません。 基本バージョンとスーパー装備間の両方の場合でおよそ3000ユーロ違いがあります, プラス、誰もが必要なエキストラは、特にイビサの2つのブランドで、ほとんどすべてのもの、があります。あなたが選択した場合 クリオの基本的なバージョンは、仕上げリミテッドが付属しています ブラウザだけを含んスペアホイール(82€)を置くべきである、(写真はDynamiqueです)。 イビサは最悪標準装備します, 両方の車の基本的なバージョンは、ほぼ同じ原価計算が、このように、エンド価格で同等の機器は常に、(千と2000ユーロの間で)高くなります。 最終的な購入の差はおよそ千ユーロの場合は、座席の最高のエンジンのために支払う補償し. この経済的障壁から、それはそれについて考えることです。

当社の測定(データテクニカルセンターハイウェイ):

ルノークリオセアト・イビサ
加速度
毎時0〜50キロ4.54秒3.86秒
毎時0〜100キロ12.86秒10.86秒
毎時0〜120キロ18,2秒15,5秒
0〜400メートル28.5秒22,7秒
0〜1000メートル34.6秒32.7秒
追い越し
第2回で20〜30キロ/時間1.2秒1.1秒
第2回で20〜50キロ/時間4秒3.7秒
4で80〜120キロ/時間12,6秒10.88秒
5 80〜120キロ/時間21,4秒15,4秒
Frenada
毎時50〜0キロ9.4メートル9,3メートル
毎時140〜0キロ71.2メートル75.1メートル
パワーとトルク
パワー(ECOモードで6054 rpmで75.3 HP)5740 rpmで92.4馬力5580 rpmで100.7馬力
カップル2960 rpmで14.4 MKG(4,527 rpmで10.2 MKG)1765 rpmで18.2 MKG
消費
6.5リットル/ 100キロ6.2リットル/ 100キロ
高速道路5.5 L / 100キロ5,2リットル/ 100キロ
手段5,9リットル/ 100キロ5,6リットル/ 100キロ
平均自治762キロ799キロ
ポーターと重量
トランク容量330リットル350リットル
重量1167キロ1140キロ

こちらもご覧ください:

感想と実際の消費量:イビサ1.0 EcoTSI 95 CVの座席

最も興味のあるものとイビサ1.4 TDI座席イビサ1.0 TSIを席?

ルノークリオ2016:更新されたデザインよりもはるかに

ルノークリオ2016:更新のテストと販売価格

オペルコルサ1.0ターボ、トヨタヤリス100は、より良い何ですか?