私は事故酔っを持っている場合は?

私は事故酔っを持っている場合は?

私は通常、アルコールを飲まないと私が行うとき、私は車を運転して考えることはできません。私は、私が停止した場合どうなるのか明確に持っている私のチェックを行うと、Iポジティブ。しかし、私はいつもの代わりに道路上のルーチン検査の事故と警察や市民警備隊は私飲酒テスト作成した場合に何が起こるかの疑問を持っていた:間違いなく事故のせいでしょう、?悪化が責任を負わなければならないのでしょうか?、経済的、個人的な帰結は何を被るでしょうか?

アルコールを摂取した駆動は関係なく、事故を持っているかどうかの、犯罪とみなされます。残念ながら発生し、唯一の材料損傷を引き起こす場合は、事故例だろう、ほとんど百パーセント、酔っていた人を非難します。これは、他の運転手が飲酒運転の動作はより深刻であり、例えばによって反対¾siguiendoを吸収するので、彼はsemáforo¾をスキップしていた場合、¾por例を非難していた場合でも真である、と考えることができ、アルコール摂取を防止beodo他coche¾をかわすためにあらゆる努力をします。

、残念ながら、アルコールを消費しているドライバは、他の/ sの人が死亡または傷害が生じていたここで事故が関与している場合は、物事が悪くなります。ホセ・オルテガカノの場合は、メディア内の単語のインクの川や海を引き起こしました。トレロ容疑者は酔った交通事故に見舞われ、だけでなく、致命的な事故で1人が死亡しただけではなく。欧州のドライバーアソシエイツ(AEA)のドライバは、アルコールを消費し、ホイールの後ろに取得するために持っていることの影響を解明するために私たちを支援します。

交通事故は、常にされているかのイベントが発生していると誰が確立できない場合は、原因が発生します。それらを再確認するか、それらを歪曲する矛盾したプロセスにもたらすことができる証拠を収集するために、事件の適切な調査と復興を実施することが不可欠です。人は事故を死ねば、三つのことが起こることができます。 何の調査は、あるいは有罪判決を受けていないこと 扱われ、誰も 軽罪の裁判と最小の文があります またはとして扱われます 犯罪と刑罰を宣告 1〜4年の禁固刑、1と6年と車両の没収の間で駆動する権利の剥奪。また、の最も深刻な場合、 神風ドライバー, 刑務所は2〜5年です, ライセンス6年から10年の罰金と剥奪が確立されているがあります。

さらにアルコールがドライバで検出された場合に ¾porqueは影響を認定または客観的試験を行うことで、4つの影響が発生aire¾率で0.60 mg / Lでより優れて証明されています。 必ずしもあなたは、犯罪として対処しなければなりません, 検察官の介入と、インクルード 最小の文は、2年半の懲役でなければなりません 代わりに、1年と1日¾loのは、prisión¾への効果的なエントリを意味します 3年間の剥奪許可証, カードや車両の発作を見直し。 最終的に被害者への保険会社による支払保険金は、飲酒運転を取る必要があります 車両所有者副次的。刑事レコードを取得。

0.25 mg / Lでより大きいアルコールレベルに駆動し、最大0.50 mg / Lで、空気を吐き出さ。500ユーロ+フォーポイント。
0.51 mg / Lでの高級アルコールで駆動し、最大0.60 mg / Lで、空気を吐き出さ。500ユーロ+ 6点。
0.60 mg / Lでよりアルコールを駆動して空気を吐き出します。アルコールの影響下に循環する確立された場合より低いレートで運転します。31〜90日から3ヶ月から6ヶ月または144000ユーロの罰金またはコミュニティの利益のための360本の仕事に投獄。ライセンス1年と1日4年の撤退。
呼気検査や薬を実行することを拒否。年までの6ヶ月間の禁固刑。 4年にライセンスまでの撤退。
イギリス刑務所14歳18ヶ月、アルコール及び無謀(それの6つのセクション)の程度に基づいて、調整可能な速度。悪化、事故そのものの原因により負傷よう、ライセンスなしで駆動するだけでなく、緩和など。
ドイツ365日に5年または罰金まで投獄。ライセンスの失効。
フランス7歳までの10万ユーロ罰金まで投獄。ライセンスの失効。
ポルトガル5歳までの懲役。
イタリア1〜5年の禁固刑。

2007年の刑法の改革は、強制裁判官は運転免許証の2年6ヶ月剥奪の最小実刑判決を課すこと、死に至る交通事故を引き起こす飲酒運転の罰則を強化し、車両の押収。容認できないと考えたときにfamiliares¾を免責、死者のダメージ¾enケースを修復するために進めたの酌量すべき有罪を適用することにより、文の可能性の減少については、裁判所の位置が強いです。

- いいえ、保険のカバーありません