スズキエスクード2016年、新たに1.4ターボSが来ます

スズキエスクード2016、機械的および技術的な変更スズキエスクード2016、機械的および技術的な変更スズキエスクード2016、機械的および技術的な変更スズキエスクード2016、機械的および技術的な変更

受信した新鮮な空気の息 スズキエスクード 彼の顔 範囲2016. ビッグニュースこの 都市のSUV 我々は、利用可能で見つかりました 新しいガソリンエンジン1.4直接注入140馬力, スペイン市場は、受信中 'S' 商用呼称として。

当初は、 スズキエスクード1.4ターボS あなただけの機器のレベルと組み合わせることができます GLX総4WD (命名 すべてのグリップ)。大気1.6 VVT変種に関しては、この新しいバージョンでは、ターボチャージャー スズキエスクード1.4ターボS 追加 より多くの機能, A より低い平均消費 (5.4リットル/ 5.6 L / 100キロ大気4WDバージョンと比較して100キロ)と感覚より機敏でスポーティな運転。エンジン動力の送達は、速度のレジーム(アドバタイズのトルクから生成されます 1500と4000 rpmの間に22.4 MKG)。の種類について ギアボックス, この新しいガソリンエンジンは、Aの両方と組み合わせることができます 6速マニュアルトランスミッション として 自動トルクコンバータ さらに 6つの関係.

このバージョン 1.4ターボS レンジ スズキエスクード2016 また、それは識別番号として提示しました 化粧品添加外側に内側 一定の与えました かっこよさ そして攻撃。合金ホイール17インチブラック仕上げ、フロントグリル5スロット、赤のLEDが点灯し、外部ミラー仕上げのプロテクターをクロム:アウト、新要素として、私たちは次のように見つけます。内部、同一「S」は、レッドゾーンタコメータおよび速度計に皮革に挿入、シフトノブとステアリングホイール上の赤いステッチ、スポーツペダルと混合張りで表されますアルミ。

スズキエスクードS 2016スズキエスクード2016:新しいディーゼルも

インクルード スズキエスクード2016 それは新しいを解放するために別の魅力的な新規性を提示します 自動ダブルクラッチ6速, によって開発されました スズキ そして内部の命名法日本のブランドが参照されていること TCSS 英語の単語の(頭字語 鈴木ツインクラッチシステム)。

まず、鈴木なVitara 2016の範囲内のこの変更TCSSは、全てのグリップと機器レベル順番に、唯一全輪駆動と組み合わせることができ、ディーゼル機関1.6 DDIS 120馬力で利用できるようになりGLEとGLX。

両方のバージョンについては 1.4ターボSをガソリン として 1.6 DDISディーゼルTCSS, トラクションと組み合わせること すべてのグリップ これは、より多くの状況で汎用性をもたらします スズキエスクード2016. 全輪駆動の技術的根性すべてグリップに脊椎は、多板クラッチに存在します。遵守状況や気象条件によっては、ドライバが4つの動作モードを選択することができます。 自動車、雪、ロックとスポーツ.

スズキエスクード2016:新しいバージョンの価格

鈴木なVitara 1.4 GLX 4WD T S 6MT:22360ユーロ
鈴木なVitara 1.4 GLX 4WD 6AT T S:23860ユーロ 

スズキエスクード1.6 DDIS 4WD TCSS GLE:23310ユーロ
スズキエスクード1.6 DDIS GLX 4WD TCSS:25260ユーロ
(*)。すでに引用された価格は1300ユーロの公式割引のブランドが含まれます。